Suipedia

ツイッター始めてみました 掲示板はこちら
Suipedia リニューアルしました!
トップ > 上達への道 > 金管編 > スタミナが持たない!ときの練習・対策

スタミナが持たない!ときの練習・対策

読了:約1分半

対象:スタミナに悩んでる金管の方

金管やってるとどうしてもスタミナが足りない!ってことがあるんですよね。(木管もあるのかな?)コンサートをひとつやりきるにはそれだけの体力が必要です。終盤には大曲をやるのにバテバテのヘトヘトなんてことにならないようにしましょう!

ルカちゃん。。。合奏長いけど、バテてない?

え?ん、んなわけないじゃない!むしろハイになってるし!

いやでもさっきから外しまくってるし・・・しかもルカちゃんだけ。。。

ギク・・・

長時間吹き続ける練習法

やっぱり基礎練習が足りてないんだよ。

むむ?ちゃんとやってるよ?ロングトーンにリップスラー、スケールに半音階、アルペジオだってやってるんだから!

それはいいけど、スタミナを鍛えるための大事なポイントが抜けてない?

大事なポイント・・・?

うん。できるだけ長い時間唇を楽器につけておくことだよ。楽器を口につけて吹いてる時間がまさにスタミナを消費してるっていうのはわかるよね?

唇を振動させてるからでしょ。だんだん疲れていくんだよね。

そうそう。フルマラソンに出ようと思ったら少しずつ長い距離が走れるように練習するよね。それと同じように長い時間負荷をかけ続けられるような練習をしないとダメだよ。

にゃ~るほど!

長い時間負荷に耐えられる唇を作りましょう。ある程度上達するとハイトーンが吹けるのは普通なんです。今度はハイトーンで構成されたながーいフレーズをサラッと吹けるようになりましょう。
そのためには負荷のかかるハイトーンでロングトーンをしてブレスはしても唇を楽器から離さないことです。このとき大事なのはアンブシュアを崩さないこと!アンブシュアが崩れたら台無しですからね、気を付けてください!

古典的な練習をやってみる

さっきは唇の話をしたんだけど、ただ楽器を構え続けてるだけでも結構疲れるんだよね。

アンタが言うの!?それは私のセリフよ!

まぁまぁ(笑)ってことで、体も鍛えてみよう。強靭な鋼の肉体を作ろう!

え・・・まさか筋トレしろって言うんじゃないでしょうね。

ん~筋トレではないけど。。。似たようなもんかな。ぼくが高校のころね「肉体に負荷をかけつつ練習したら普通の姿勢で吹いたときもっと余裕で吹けるんじゃないか説」が流行ってたんだよね。

なんだそれ・・・で?何をするの?

こういう姿勢とか、

こういう姿勢で基礎練習をする。

・・・いやよ。

今考えても謎ですけど、こういう練習をしてました。しかも部を挙げて取り組んでました。正直言うと今でもこの練習に意味があったのかはわかりません。ま、思いついたことは何でもしろってことですね!
中腰で吹くのも足を地面から挙げるのもすごい疲れますけどきっとなにか役には立つんで、是非トライしてみてください♪

馬鹿正直に全員が全部を全力で吹かない

これを一番伝えたかったんだよね!個人でスタミナをつけるっていうのもいいんだけど限界があるからさ。

そうだよ。ハードな曲をみんなで吹いてるとだんだん音を外すリスクも高まってくるんだから!

そうだよね。みんな一斉に吹いて一斉に疲れ出すもんね。そこに攻略の鍵があるんだな~これがっ♪

鍵?

うん。しんどいところは何もみんなで吹かなくていいんだよ。ちゃんと正確に吹ききれる範囲で分担すれば一人一人は休憩をはさみつつ演奏ができる!

なるほど!今まではみんなで全力で吹いてたけど、フレーズ全体を聞いたときに途切れないで綺麗に聞こえたらいいんだもんね!

そうそう。こういうのは上手な団体はだいたいやってたりするしね。適材適所って言葉もあるしわざわざ全部吹くことはないんだよ。だからルカちゃんはハイトーンのところは全部休んでていいよ。どうせ外すでしょ?

ちょっとは私にも吹かせなさいよ!練習になんないでしょ!

スタミナが持たないようなところは分担したり、一時的に1st,2nd,3rdを入れ替えて吹いたりして上手に乗り切りましょう。唇が疲れてくると音を外すリスクも高まりますし音そのものもお粗末になりがちです。ちゃんとすべての音を余裕のある状態で吹きましょう。そうすると音色に気を配った素敵な演奏に繋がりますから♪

おわりに

どうだった?

うん。確かに楽器はすぐに唇から離してたし妙な筋トレはしたことなかったし、みんなが全部の楽譜を演奏してたよ。

じゃあこれでもうスタミナは心配ないね。だいたい外してたのルカちゃんだしみんなホッとしてるよ。

下手で悪かったわね!

スタミナがもつかって結構深刻な問題で、本当なら吹けるのに唇に限界が来てるせいでうまく吹けない・・とかいうこともありますからね。ほかのパートから「トランペットしっかりしろ」とか「ホルン外すなよ」とか言われないためにも普段から対策しておきましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP