Suipedia♪~とらおとルカのおしゃべり広場~

第1希望になれませんでした(2)

ゆーか


はじめまして、ゆーかと申します。
下のスレッド?にここの掲示板はあまり見ないと書いてありましたが、飛んだここでどうやって書けばいいのか分からなかったので、間違っていたらすみません。

本題ですが、私は小学校と中学校の6年間ホルンを吹いていました。なので、高校に入ってからも吹奏楽部に入ってホルンをやりたいと思っていました。(失礼かもしれませんが、ホルンを希望する子をあまり見た事がないので多分やれるな、とも思っていました。)
しかも、楽器体験の時などに先輩に第1希望を聞かれたとき「ホルンです!」と答えたら、「ホルンを希望してる子少ないから多分なれるよ!」と、先輩達に言われてめちゃくちゃ喜んでいたら、最終的に人数の関係でA.Saxになってしまいました。

なんかあげて落とされた感じで多めにショックだな、とも思っていましたが最初の方はsaxはカッコイイし、好きなところ見つかるかもな、と考えながら練習していたのですが、私のパートの先輩が厳しかったり、指や音階なども違ったりしてどんどん辛くなっていってしまいました。

楽しく吹きたくて入ったのに...という気持ちもありますが、こんなことを思いながら練習しているのも他の吹部のメンバーに失礼だし申し訳ないのでこんなことを思ってしまう自分が嫌です。

あとここからはただの妬みですが、他にも第1希望になれなかった子を見かけますが、木管のクラリネットが良かったけど(もしくはやってたのに)サックスになってしまったとか、トランペットが良かったけどトロンボーンになってしまった、系の子を見かけますが結局木管楽器、金管楽器の中で変わってるんだからいいじゃんと思ってしまいます。

文章読みにくくてすみません。どうしたら楽しく吹けるのかどういうこころ構えでやっていけばいいのか分かりません。そんなのは知らねーよってなるかも知れませんが、どうしたらいいか知りたいです

2019/05/20(Mon) 19:17

とらお


>>ゆーかさん

こんばんは。すみません案内が分かりにくくて・・・汗 そして最初に書き込んでくれた方にも返事を書いてしまいました。。。でもこちらを使いましょう。使い方、合ってます(^^♪

すごく残念な状況ですね。今からでもあの手この手で抗議しては・・・_という気持ちがありますが、ひとまずご質問の回答ということで、もう事態は覆らないだろうという前提でお話ししますね。

ゆーかさん、そういう感情を抱いてしまうのはおかしなことではないので、まずはご自分の気持ちを大事にしてあげてください。

パート選びって毎年そこそこの数第一希望から外れてしまう人が出ます。でも人であれ物であれ自分とのめぐり合わせにはどこかに必然性があってそれをきっかけに学ばせてくれること、気付かせてくれることがたくだんあるんじゃないかなと私は思っています。

ですので、ホルンを6年間していた身としてはアルトで残念でしょうけれど、今の気持ちも含めてこれから出会ういろんな感情と向き合ってみられてはと思います。そうこうしているうちにサックスの良さが今以上にわかってきて心から楽しいと思える日が来るのでは?とも思っています。

木管内、金管内で希望が外れた人は確かに「それならええやないか」って思ってしまいますね(笑)でもこれだけは謂わせてください。ゆーかさんのその想いにはめちゃくちゃ同意します。でもホルンとアルトサックスは音色も音域も親和性がとても高いです。

ですので、実際の担当セクションは異なるでしょうけれど、ホルンのことを想いながらアルトを吹いてみる、というのもいいですね。

ただ問題は人間関係の部分です。こればっかりは仕方ないですね。最初のうちは間違いはいくらでもしてしまうものなので、そこは自分を大目に見ましょう。

んー・・・回答になっているか分かりませんが、私からはひとまずこんなところです。

よろしくお願いします。またなにかあったら書きに来てください!(^^)!

2019/05/20(Mon) 19:37

このエントリーをはてなブックマークに追加

返信はこちらから

スレ主ですか?
お名前
顔アイコン
メッセージ

アイコンは大きくなるまでタップして(iphoneの場合)