Suipedia

ツイッター始めてみました 掲示板はこちら
Suipedia リニューアルしました!
トップ > 上達への道 > 金管編 > 【トランペット】ミュートを無駄なく素早く付け外す4つの方法

【トランペット】ミュートを無駄なく素早く付け外す4つの方法

読了:約2分

対象:トランペットの方

楽譜中に出てくる『con sord.』といえばミュートを付ける、『senza sord.』といえばミュートを外す、ですが、数ある曲の中には一瞬でミュートを装着して演奏しなければならない場面もありますよね。そんな場面に遭遇すると次のフレーズが余裕をもって吹けない!・・・そんな経験をしている方に朗報です!最低限の動作で素早く無駄なくミュートを付け外す方法をご紹介します。

ど、どどどどどうしよう!?一瞬でミュートをつけないとダメだよ!間に合わないよ!

大丈夫大丈夫。そこはぼくが担当するから。

いや(;´д`)現実はそうはいかないよ。

ふっふっふ。本当に大丈夫だよ。いい方法を知ってるから。

1.股間に置いておく

まず短時間でミュートを外す際において、ミュートを床に置いておくっていうのは辞めてほしいんだ。身体を屈めるっていう余計な動作が入るから。

ふむふむ確かに。そこでタイトルのやり方か。
こ・・・こか・・・その、、、股の部分にミュートを置いておくのね。

そうそう。ポイントは少し深めに椅子に座ること。でもひとつ問題があるんだ。これ、男子がやろうとすると股間に先客がいるから、ちょっとね。。。

下ネタっぽいんだけど。

まずひとつめはミュートを股間に置く方法です。付けるのに余裕がないときは予め股間にセットしておき、そのシーンが過ぎたらまた床におけばそんなに支障をきたしません。外すのに余裕がないときは外したら股間においてすぐに楽器を構えるといいです。これをやるときは椅子に少し深めに座ることがポイントです。

※話の流れの都合で男子は難しい、みたいにもっていきましたが、男子でも全く問題なくできます。

2.膝の内側に挟む

で、性別関係なくできる方法がこれだよ。膝の内側に挟むの。こんな↓感じね。余談だけど、膝の内側のくぼみって膕(ひかがみ)って言うんだ。膕法、とでも呼ぼうかね。

絵の赤いところに挟むのね!これもありね。

こっちは股間法と違って浅めに座らないとできないよ。あと、気を抜いたら落としてしまうからそこも注意して欲しい。

股間法って。。。

2つ目は膝の内側に挟んでおく方法です。これも床まで屈む手間をなくすことができます。股間に置いておくのとは違い、椅子に浅く座ることがポイント、油断すると落としてしまうことがあるから注意してください。右足か左足かはやりやすい方でお願いします。

3.ミュートホルダーを使う

お次は正攻法だよ。ミュートホルダーっていうミュートを楽譜の位置に置いておけるアイテムがあるからそれを紹介するよ。→商品ページ(別ウィンドウ)

えーっと、これ↓のことね?

そうそう。使ったことはないから商品としての有用性は語れないんだけど、いいと思う。

こか・・・股に挟むのより上品ね。

ミュートホルダーを使う方法もあります。使っている人を見たことがありますが、実に優雅にミュートの付け外しをしていたので、これを使えば演奏中に妙な焦りを感じることはなくなるでしょう。

4.人員を分ける

最後は素早い付け外しを考えない方法だよ。

あれ?一瞬で付け外ししないと間に合わないって話をしてたと思うんだけど、考えるのを放棄しちゃうの?

んー。放棄っていうかね、もちろん曲によるんだけど、ミュートを付ける箇所ってわざわざ全員で吹く必要がない場合もあるんだよね。そういう場合に限り、ミュートをつける人を決めておいてその人は先のフレーズを吹かずにミュートを構えておく、で、ほかの人はミュートを付けることすらしない、という方法だよ。

あーなるほど。曲によりけりだけど、知っておいて損はないね。

ミュートを付ける箇所を全員で吹く必要がない場合は、人員を絞るという工夫もありです。その前後のフレーズは(ミュートの人の分)人が減るかもしれませんが、パワーでカバーしてください。

【番外編】隣の人に渡す

股間法と膕法って実は欠点があるんだけど、分かる?

立奏だと出来ない、でしょ!

せいかーい。で、アンサンブルなんかは立奏するグループもあると思うけど、ミュートホルダーがない場合はこの隣の人に渡す方法が使えるんだよね。

隣の人も休符じゃないとできないからあまり使う場面はないかもね。

昔、立命館高校がこれやってるのをみて、なるほど!と思ったことがあるので、紹介してみました。トランペットの人がトロンボーンの人に渡していましたが、なにか別の事柄にも応用が効きそうですので、この方法も頭の片隅に置いておくといいでしょう。

おわりに

床に置いてても急いで付ければ大丈夫って意見もあると思うんだけど、絵的にブサイクなんだよね。客席から見てて忙しない印象を受けちゃう。

これはすぐに実践できそうね。ミュートのところも疎かにならないようにしっかり付け外ししなくちゃ♪

ミュートを素早く優雅に付け外しする方法は・・・

①股間に置く
②膝の内側に挟む
③ミュートホルダーを使う
④ミュート用に人員を分ける
⑤隣の人に渡す


です。やりやすい方法を実践して役に立ててください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP